和婚の演出

和婚の披露宴に参加したことはありますか?
という質問には「はい」と応える方は多いと思います。

しかし、和婚では「どのような演出がよいか?」となると
なかなか思い浮かぶものも無い方も多いと思います。

そんな方に、和婚でオススメの演出をご紹介いたします。
[落語]
和の演出にもってこいの落語での演出。
身近に落語を学んでいる方がいればいいですがそんなに多くないですよね。

ご年配の参加者が多い場合はウケが良いこともありますし、
落語が好きな来賓が来られる場合には、プランナーに相談して
手配を頼んでみるのもひとつの手かも。
[餅つき]
なかなか見れる演出ではないですね。
餅つき自体を日本人であってもなかなかするものでもないですし、
だからこそ、楽しい時間をつくれるかと思います。

演出としてはお決まりのふたりの共同作業を
和婚で演出するとぴったりかもしれません。

後のつきを参加者で楽しんでもらう。
みんなで食べてもらう、など、汎用性も高そうです。
[招待状から和紙]
挙式スタイルが決まってスタートすると、始めにするのが招待状。
そこから和の空気を出したければ招待状から和紙にすると
気の入りように驚かれることでしょう。
[和傘、馬車で移動]
簡単にできるものではないですが、遊び心に溢れていますね。
滅多に乗れるものでもないですのでひとつ相談してみるのもよいでしょう。
以上のように、和のモノや文化をつかって演出できることは多そうです。
しかし、いずれも自分だけの力ではできないことばかり。

こういった演出をしてみたいのであれば、
プランナーに相談してみるとよいでしょう。